2019.01.15

タイヤ・チューブ交換ご検討の方必見です!

 

こんにちはコンズサイクル大久保店です。

厳しい寒さが続き、インフルエンザも大流行していますが、皆様体調大丈夫でしょうか?
コンズサイクルでも体調を崩すスタッフが急増していて危機感を感じています。


皆様も体調崩されないようお気を付けください。
さて、今回はタイヤの修理について紹介したいと思います。
まず、この写真をご覧下さい。
タイヤ・チューブの内側にあるホイールです。
お持ちの自転車に付いているタイヤ・チューブを外すとほぼこのような形になっています。

一見何ともないように見えますが、薄いゴムバンド(テープ仕様もあります)リムバンドというのが巻かれています。

それを剥がすと↓こんな感じになります。


ホイールは中心部にあるハブと細い棒状のスポーク、そして外周のリムと呼ばれるパーツ3点が組み合わさりホイールとなります。

そしてホイールが綺麗に回転する為に、スポークを引っ張り調整する為にニップルというパーツを回して調整します。
リムには組立・調整の為に穴があります。

その穴がタイヤの内側のチューブに当たってパンクしないように保護しているのがリムバンドです。

これが無いとチューブはリム打ちパンクという原因で穴が空いてしまします。

このリムバンドが破れていたり、長期間使用していると劣化で次の写真のようになってしまいます。
パンクの原因で多いのは、刺さり物(画鋲・釘・ホッチキス芯・バリ等)ですが、

次いで多いパンクが今回紹介しているリム打ちパンクになります。

リム打ちパンクはリムバンドもそうですが、空気不足も原因の1つで、

コンズサイクルでは新車お渡し時に必ず説明させていただいておりますが、

一般車は月に1回は必ず空気を入れていただく必要があります。
*スポーツ車は1~2週間に1回は入れて下さい!
コンズサイクルでは、全店で空気無料で入れさせていただいております!
しばらく入れていないお客様はお近くのコンズサイクルにお立ち寄りください。
スタッフが空気を入れさせていただきます!



リムバンドの交換の目安ですが、タイヤ・チューブを交換される時に一緒に交換してください!

なお、コンズサイクルにタイヤ・チューブ交換の修理を言っていただければ、修理時に交換させていただいております。

交換したホイールが次の写真です。
リムバンドに凹みが無く綺麗です。これが正常な状態になります。

タイヤ・チューブ交換をご自身でされているという凄腕のお客様は1度確認してみて下さい!

それ以外のお客様は、是非お近くのコンズサイクルに愛車をお持ち下さい!


心よりお待ちしております!

ブログ内検索

カレンダー

«1月»
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31