山科店

2019.02.15

新生活のオトモにオススメなクロスバイク!!!

こんにちは!

KON'S CYCLE山科店です\(^o^)/

この数日雨や雪が降ったり止んだりと、まだまだ寒い日が続いております
どうやら東京都内ではスギ花粉も飛び始めているとのこと…

寒さと予防でマスクをしていましたが、このまま春まで
マスクが手放せないような気がしています。

しかし春になると少しずつ暖かくなってきますので
移動手段のひとつとしてもサイクリング目的としても
自転車に乗るのが楽しい時期になってきますね!

さて、今回はそんな春に向けて、新生活の始まる方に向けて、
初めてスポーツバイクに乗ろうという方に向けて、
とにかく色んな方にオススメしたい、こちらのシリーズのご紹介です。

cannondale Quick
モデルは大人用4種(うち2種は女性向けウィメンズモデル)
子供用2種(こちらはサイズ違い)と豊富♪

Quickは乗り心地に特化したモデルで車体も軽く
フィットネス目的や街乗りと多目的に使用できる一台です(/・ω・)/

反射するようなツヤのあるフレームで同じような色合いの車体でも
モデルによって合わせる差し色が違ったり細やかな部分にも
キャノンデールのこだわりが見えますね☆
グリップは握りやすい形で快適性が抜群◎
サドルもクッション性の高いもので座り心地抜群◎

…と、購入時に付いてくるもの自体が良いので、そのままでも良し、
またベルやライト、カギなど細かいところからカラーカスタマイズすることでより一層オリジナル感が出るので
差し色に合わせるカスタムも楽しみの一つになり自分だけの一台にもなるのではないでしょうか。


こんな良いところだらけのQuickシリーズ!

もっと知って頂きたいので次回、各モデルをより細かくお伝えしたいと思います♪


更新をお楽しみに(^o^)

2019.02.03

チューブレスレディって何なの?

 こんにちは! コンズサイクル山科店です!!!

私事ですが、先日上七軒店の店長からお古のタイヤをいただきました。了さんありがとうございます!!!!

モノがこちら。国産タイヤメーカーであるパナレーサーさんのタイヤ「グラベルキングSK 700×43c」です。

でかくて太くてごつごつしてる、カッコよさの権化みたいな一本ですが、そのタイヤサイドには気になる刻印があります。

このTLCとかTCSとか書いてあるこちら、近年マウンテンバイクとかを中心にして流行っている、チューブレスレディとかチューブレスコンパチブルとか呼ばれているシステムのことなんですね。

中にチューブを入れる通常のクリンチャー仕様でも、チューブを入れないチューブレス仕様でも運用できるいいとこどりな欲張りさんです。

恥ずかしながら当方このチューブレスレディ仕様にする作業をしたことがなかったものですから、後学の為に店長のご指示のもとやってみました!

チューブを抜いて……

チューブレス仕様にするのに必要なパーツを揃えました。(専用のリムテープ、バルブ、謎の液体シーラント等々)

タイヤをはめてバルブをつけて……

シーラントを入れました。なんかこの液体、タイヤに穴が開いても小さなものなら勝手にふさいじゃうっていうすごいやつらしいです。

完成しました。こう見ても全く分からないですが、見事にチューブレス仕様になっています。

簡単そうに書いていますが、実際はやたら空気が漏れたり、シーラントこぼしたり、お腹が空いたのでご飯を食べたりしてとても時間がかかりました。スマートに済ませるコツとしては、あらかじめリムの縁に石鹸水を塗っておくことが挙げられます。ここで手を抜くと何度も空気を入れたり抜いたりタイヤを揉んだり揉まなかったりすることになってとても苦労します。

しかしながら、この太さですとチューブ一本140g分くらいの軽量化になりますし、チューブが入ってるとパンクが怖くてできないくらい低圧にして、ふわふわ乗り心地を楽しんだりできますので、もしお持ちの自転車のホイールやタイヤがチューブレスレディなモデルならば、是非チャレンジして頂きたいカスタマイズですね。

2019.01.24

コスパの鬼!アルミオリタタミ&プチカスタムのススメ

 こんにちは!

KON'S CYCLE山科店です!
まだまだ寒い日が続きますが
本日はお出かけにオススメしたい1台をご紹介いたします♪
こちら!
「アルミオリタタミ」¥31,980- + tax
名の通りアルミフレームの自転車なので何と言っても軽い!
Vブレーキを搭載しているのでブレーキの効きも良い◎
この価格帯で6段変速も付いていて約11.6kgと軽量なので良いところだらけの1台です♪♪
普段使いはもちろんのこと簡単に折りたたむことができ
持ち運び性能にも優れていますので
お出かけの時、車に乗せて行って移動先でも使えますね☆彡
カラーも5色展開で
黒、赤、白、ポリッシュ(銀)、アクアマリン(ここでご紹介しているのはこのカラー。)と豊富(/・ω・)/
アクアマリンのみベージュタイヤなのもまた魅力的!
ポリッシュはオートライトタイプ(¥36,980- + tax)もございます。
ライトや鍵は別途必要となりますが、色に合わせた物もいくつかあり
写真のようにベルやカゴも合わせてカスタムすると尚オリジナル感が出て
自分だけの1台に。。!
※上記掲載のカゴは取り外し可能のカゴなので
折りたたむ際にも邪魔になることもありません!
ベルは先日、当店のinstagramにも掲載しておりますので
気になる方はこちらも合わせてご覧になってみて下さい♪
その他ライトはもちろん他のカスタムも承っています(*^▽^*)
何をつけていいか、この色ならどんな種類のものがあるか等も
お気軽にご相談を!

2019.01.13

CAAD12 COLORSを大特価完成車にしました!

 こんにちは! コンズサイクル山科店です!

本日の話題は、今月末まで延長が決まった冬のスポーツ車ビッグセールにちなんでこちら!!!

昨年末からちまちま時間を作っては組み上げていたこちら、cannondaleのCAAD12 COLORSがようやく完成しましたので、お披露目します。

しぶいですね。マット塗装は説得力のあるかっこよさを簡単に醸し出してくれるのでとてもよいのですが、ワックスがけが出来ないのでちょっと寂しいです。

フレームサイズは54です。おおよそ172cmから180cmくらいまでの身長の方がジャストサイズ。

ドライブトレインは最新型であるR7000の105を採用しつつ、旧車価格でのご提供。R7000はめっちゃかっこいいんですけれども、ディレイラーでのワイヤーの取り回し等が最初全然分からなくて困りました……

特徴的なのはこのシャドータイプのリヤディレイラー。右に自転車倒しても破損しづらい安心設計。

ホイールはシマノWH-RS300でコストを抑えましたが、タイヤはいいものを使って頂こうとcontinentalのGRAND PLIX 4000sⅡを採用しました。

その他諸々仕様につきましては、是非実車をご覧いただければと思いますので、ぜひぜひご来店お待ちしております。

肝心なお値段ですが、使用した部品等全て足し算すると¥283,985+taxとなるところを……

旧車価格という事で10%OFF!!、おまけに端数を切って ¥255,500+tax

                           

そして延長が決まったスポーツ車セール!現金お支払い ¥229,950+tax!!!!!!

ということで出血大サービスでございますので、よろしくお願いします。

2019.01.11

初売りセールは14日まで!

こんにちは! コンズサイクル山科店です!!!

当店ここしばらく毎日Instagram投稿を続けているのですが、本日ついにブログへの埋め込み方を習得しましたので、嬉しさのあまりついついブログ記事にしました。

こちらは他店ブログやセールチラシでも宣伝中の超特価商品、2018モデルの「STEPCRUZ e」です!!!

山越えて通学する学生さんからオシャレな奥さんから渋いおじいちゃんまで幅広い層に人気あるこちら、昨年モデルという事で大特価 ¥99,900+tax!!!!!!!!

ブリヂストン特有のフロントドライブユニットやベルトドライブ等贅沢装備を満載しつつも、セールの力によって恐るべき値段を実現したSTEPCRUZ eですが、14日までの限定セール価格ですので、どうかお急ぎ頂ければと思います!!!!!!

当店Instagramもよろしくお願いします!

2018.12.28

通勤通学早めの準備を……

こんにちは! コンズサイクル山科店です!!!

ここ山科も、急に冷え込んでめっちゃ雪が降ってきました。師走の名の通り時間があっという間に過ぎ去って、当店も明日が今年最後の営業日。来年も誠心誠意お客様目線に立った自転車屋さんとしてがんばって参りますので、よろしくお願いします。

ところで、本日紹介するのはブリヂストンの自転車「エブリッジL」
一般的な自転車によく使われるホイールサイズ、26インチと27インチを両方揃えており、さらにオートライト/三段変速モデルとダイナモライト/シングル(変速なし)モデルをご用途によって選べるありがたい仕様です。
一番の特徴は軽量なアルミフレームを使用していること! 乗っているときはもちろん自転車を降りたときの取り回しもらくらくですね。ブリヂストン製の頑丈かつアメサイドがおしゃれなタイヤ、ステンレス製で耐久性が高いバスケットやホイール等しっかりした作りになっていますので、通勤通学のオトモなどにオススメだと思います!

現在山科店で在庫してるのは以下の三台です!!!


モダングリーン 26インチ オートライト三段変速



ノーブルネイビー 27インチ オートライト三段変速





クリームアイボリー 26インチ ダイナモライトシングル





通勤通学車はやはり春先にご購入いただくことが多いのですが、この時期はご注文が集中するため欲しかったモデルやカラーがご用意できなかったりする可能性がございます。なのでちょっと早めにご用意されるのがオススメ! 新年の営業は1/5からです。ぜひぜひご来店お待ちしております!!!

2018.12.16

通勤通学はこれ一本! シュワルベ・マラソンのここがすごい!!!

こんにちは! コンズサイクル山科店です!

皆さま、お持ちの自転車のタイヤは大丈夫でしょうか!?

季節は冬。寒くて自転車に乗るのもおっくうになりますが、そんな時はきたるシーズンに向けて、普段はなかなかできないメンテナンス等に持って来ていただければと思います!

よく劣化が見られて交換を推奨させて頂くのはやっぱりゴム系の部品。すなわちタイヤチューブなどですが、せっかくタイヤ交換をされるのなら、最強クラスのタフネスを誇るシュワルベ・マラソンがオススメです!!!

シュワルベ・マラソンのここがすごいその1 かたい

世界中のサイクリストが通勤通学から世界一周まで様々な用途で愛用するマラソン。その理由はたくさんあるのですけれども、やはりその高い耐摩耗性能が第一にあげられると思います。並のタイヤとは一線を画すマラソンは生半可な走行距離ではそう減らないので、結果タイヤ交換の頻度が減ってめっちゃ経済的!!!

シュワルベ・マラソンのここがすごいその2 つよい

マラソンは耐パンク性能も圧倒的!!! その秘密はトレッド面の下に隠された厚さ3mmの耐パンクベルトであるグリーンガード。ちょっとしたガラス片や画びょうくらいならチューブまで通さずに食い止めるので、パンクが致命的な通勤通学のこころづよい味方です!!!

シュワルベ・マラソンのここがすごいその3 ひかる

マラソンは横顔もオシャレ!!! かっこいいロゴに映える白いラインは、実は反射素材なので光が当たるとめっちゃひかります。夜道の安全性に一役買ってくれるナイスガイです!!!

シュワルベ・マラソンのここがすごいその おおい

マラソンの隠れた魅力として挙げられるのがサイズの多さ! 16インチの小径車から700cや29インチの大径スポーツバイクに至るまで幅広い車種に対応するサイズ展開なので、いろんな自転車でマラソンの恩恵にあずかることができます。ママチャリサイズである26x1 3/8までラインナップされていますので、電動アシスト自転車などにもオススメです!!!

ぜひ皆さまの自転車にもマラソンをインストールして、パンク知らずの快適自転車ライフを満喫してください!!!!

2018.12.04

Panasonic子供乗せ電動2019モデルが続々入荷中!!!

 こんにちは! コンズサイクル山科店です!

当店でも大人気なPanasonicの子供乗せ電動アシスト自転車が、続々入荷しております!
まずは多くのお父様お母様からのご期待を受けて満を持して登場した「ギュットクルームEX」をご覧ください。


Combiと協力して開発されたクルームシートは、お子様の頭を守るエッグショックや既存の物よりも着席、調節が楽なベルトなど、親御さんとお子様両方に優しい傑作となっております。

フラッグシップモデルとなるEXは、手元スイッチの電源ボタンを入れると自動で開錠するラクイックを搭載!
よく鍵をかけたままスタンドを降ろしてしまい、スポークが折れてしまった子供乗せ電動を見るのですが、これならばその心配もないですね。



こちらはそのラクイックを採用せずにコストを抑えた「ギュットクルームDX」です。


EXには最初からついていたオプションのシートクッションがこちらでは別売りなど少々仕様が変わりますが、コストパフォーマンスに優れた良いモデルです。


EXもDXも国産フレームを使用しており、安心して乗っていただける一台となっています。




ギュットアニーズシリーズは大きな変更はありませんが、フレームに入るロゴが無骨なPanasonicロゴから新デザインのカワイイGyuttoロゴに変わっております。


当店に現在在庫しているのは、ラクイックの非採用や前カゴの変更等でお買い得価格を実現した「ギュットアニーズDX」です。

ギュットアニーズはギュットクルームのような前子乗せモデルと違って、チャイルドシートと大容量バスケットが標準装備されていますので、後から買い足す必要が無い分、チャイルドシートのレインカバー等に予算をかけられてお得ですね!



ただいまご紹介した全モデル、試乗を承っております!


ぜひぜひお子様とご一緒にご来店いただければ幸いです!!!

2018.11.23

サイクルモードはエレクトリック

こんにちは!山科店です!

少し前のお話になりますが,幕張で開催された

「サイクルモードインターナショナル2018

に行ってきました。

毎年最新のスポーツ自転車が数多く展示されるこちらのイベント。

しかし,今回はあえて今年数多く展示されていた電動自転車について少し触れてみたいと思います!

 

…というわけでご紹介するのはこちらのメーカー

BAFANG」です!!

BAFANGは電動自転車のモーターユニット・バッテリーを製造しているメーカーです。

現時点でも数多くのメーカーの電動自転車に採用され,ヨーロッパでは既に多くのシェアを獲得している今後の期待度が非常に高いメーカーです。

 

そしてそのユニットを搭載するのが最近コンズサイクルでも取り扱いを開始したBENELLIです!!

そして国内ではアサヒサイクルもBAFANGのユニットの採用を予定しています。

今回は来年6月頃発売予定の車種が展示されていました。

(価格は20万円前後の予定)

そして!!現在山科店ではBENELLIZERO N2.0を在庫しております。

現物が気になる方は是非,足をお運びください!!

2018.11.10

小さい秋見つけた?


コンズサイクル山科店です。

小さな秋を探しに出かけましたが、グダグダになったお話です。





コンズサイクル山科店を出発して山科川沿いを南へ向かいます。



セイタカアワダチソウと思われる群生。



宇治方面に来ました。

坂道を登っていきます。



林道に入っていきます。結構荒れています。

どんどん登っていきます。ここまでほとんど乗れていません。

健脚の方なら乗車できるかもしれません。




コンクリートの橋が数年前の大水で流れてしまったようです。

丸太を1本渡してあるだけなので、川まで降りて渡ります。



土管に蜘蛛の巣。芸術的です。



関西を直撃した台風の影響でしょうか、倒木が有ります。





自転車を担いだり、横向きに倒したりしながら乗り越えます。


  

キノコ3連発。



少し広いところに出ました。

これなら乗れます。



・・・と思ったのも束の間、舗装路に出ました。



・・・・!!



秋っぽい風景です。


カマキリも発見!




林道へ再突入です。



小さな流れで少し遊びます。



峠までやってきました。

ここからは何回か通った道なので安心です。

・・・と思いきや、、、




いきなりのとうせんぼ。


いつもは快適な道がひどい有様でした。

いつか、どなたかが道を整備して下さると思うのですが、感謝します。


もう、汗まみれ、土まみれで、帰れるか心配で心も折れそうでした。

醍醐寺でしばらく息を整え、家路につきました。

これに懲りずに、また秋を探しに行きます。



2018.10.30

GIANT TCR ADVANCED 2 入荷しています!

 

コンズサイクル山科店です!
 
毎年コストパフォーマンスの高いモデルを送り出しているGIANTより
 
2019年モデルのカーボンロードバイクが入荷しております!
 
 
 

 TCR ADVANCED 2         ¥200,000+tax




新しくなったシマノ105をフルコンポで搭載。



 
カーボン製のシートピラー。振動吸収性とエアロ性能を併せ持つ形状です。



 
 
今や市民権を得つつある25C幅のチューブレスレディタイヤが標準装備です。




 もう何もグレードアップしようがない、完璧なスペックでお待ちしております。



--------------------------------------------
KON'S CYCLE
山科店 

607-8162

京都市山科区椥辻草海道町38-42

TEL075-583-5114


2018.10.28

明るいライト有ります!

 こんにちは!山科店です!

 

本日はGIANTから新たに発売された高性能ライト、その名も

 

RECON HL 700」!!

のご紹介です!

 

それでは早速…

 

RECON HL 700 \8,000-(税抜)

 

まずは機能から。

RECON HL 700」は輝度が最大700ルーメンというかなりの明るさを備えたライトで、充電式のバッテリーと5つの発光モードを持っています。

バッテリーの最大稼働時間は100時間(フラッシュモード時)、発光モードは以下の通りです。

 

・強:明るさ全開の状態。全力で前を照らします。

    明るさ:700ルーメン  稼働時間:1.6時間

 

・中:強より明るさを落とした状態。十分な明るさです。

    明るさ:350ルーメン  稼働時間:4時間

 

・弱:他のモードと比べると暗いですが、街中では不自由しない明るさです。

    明るさ:100ルーメン  稼働時間:10時間

 

・スマート:周囲の明るさと振動を感知し、明るさとONOFFを自動で切り替えます。

    最大稼働時間:24時間

 

・フラッシュ:点滅を行うモード。補助灯に最適です。

    稼働時間:100時間

 

 

…と、ここまで明るさの話をチラチラと出していましたので、お次はどれくらいの明るさなのか実際に比較してみましょう!!

 

というわけでお二方にお集まりいただきました。

 

1つ目

 ママチャリからスポーツ車まで幅広い支持を集めるお手軽電池式ライト、

HE-EL140」!!

明るさは15ルーメン

 

HE-EL140 \2,400(税抜)

 


・二つ目

 必要にして十分な明るさ、スポーツ車にピッタリのUSB充電式ライト

 VOLT200」!!

  明るさは200ルーメン

 

    VOLT200 \4,500-(税抜)

 

それでは閉店後の店内で比べてみましょう!


 

☝HE-EL140

 

 

VOLT200

 
 

☝RECON HL 700

 

お分かりいただけますでしょうか、この違い。

 

現在山科店では三つとも在庫しております。

手に取っていただけるサンプルもご用意しておりますので、是非、あなた自身の目で確かめてみてください。


--------------------------------------------
KON'S CYCLE 
山科店 

607-8162

京都市山科区椥辻草海道町38-42

TEL075-583-5114

2018.10.19

Kon's Labo スペシャルエディション

 コンズサイクル山科店です!

限定1台のオリジナルカスタム車を作成しましたのでご紹介いたします!



Kon's Labo トラッド
 

26インチ ¥19,980+tax (限定車)

砲弾型ランプ

レザーサドル

レトログリップ

アルミ製ゴングベル

今回は特別価格となりますのでご注意を!


------------------------------------------

コンズサイクル山科店

〒607-8162 京都市山科区椥辻草海道町38-42

TEL:075-583-5114

2018.10.07

充実装備か、軽い取り回しか、あなたはどちら?

こんにちは。山科店です!!

今回はパナソニックの電動自転車「ViVi」のご紹介です!!








…と、一口に「ViVi」と言いましてもパナソニックのViViシリーズには、

 

フル装備のフラッグシップモデル! ビビ・KD

充実装備のロングセラーモデル! ビビ・DX

オシャレさも備えたスタイリッシュモデル! ビビ・スタイル!

価格を抑えたお買い得モデル! ビビ・SX

軽さにこだわった軽量モデル! ビビ・LU

取り回しがスマートな小径モデル! ビビ・LS

たっぷり積める三輪車! ビビライフ!

と、7種類のラインナップがございます。

 

今回はその中でも当店で多くお選びいただいている「ビビ・DX」と「ビビ・LU」を両者の比較を交えてご紹介したいと思います!

 

まずはDX



一度の充電で最長100kmを走破する16Ahの大容量バッテリーと、国産フレームの高い耐久性を併せ持つ優等生です。

 

 

そしてLU



DXの充実装備を極力残しつつ装備を見直し、アルミフレームを採用することで大幅な軽量化を果たしたモデルです。

 

ではどこがそんなに違うのか、両者の違いを見ていきましょう。

 

・ライト

 DX:足も灯4-LEDビームランプ

 

  



   LU:リトルLEDビームランプ2

 

 

・キャリヤ最大積載量

  DX27kg(チャイルドシート取り付け可能)

  LU18kg(チャイルドシート取り付け不可)

 

・ハンドルロック

  DX:スタンドと連動

  LU:手動

 

・車体重量

  DX28.9kg

  LU22.8kg

 

以上のような箇所が主な違いになっています。

ビビ・DXの方が重量が重い分豪華な装備になっていることが分かりますね。

しかし、6kg以上の重量差は駐輪場などで持ち上げる際は大きな差となって現れるはずです。

充実な装備か、軽い取り回しか、あなたはどちらを選びますか?

 

現在山科店では両方とも在庫しております!

 

試乗も承っておりますので是非一度現物を見にご来店ください。

 

2018.09.24

エントリーMTBの新しい選択肢

 こんにちわ! コンズサイクル山科店です!

近頃大分涼しくなって、自転車に乗るのが楽しい季節ですね。
当店では、沢山の2019年モデルのスポーツ車が届いて、てんてこ舞いです。
その中でも特にスタッフの琴線に触れた、イケてるコイツを紹介しますね。
cannondale "Catalyst" ¥59,000+tax
キャノンデールが新しく出したエントリーMTBですね。初心者の方やサブバイクに乗り倒せるMTBを探している方などにオススメです。
ジャイアントのATXと競合する価格帯でありながら、油圧ディスクブレーキや3×8の24段変速を搭載してお得感マシマシです。
こんな感じ。
個人的に好ましいのはブレーキ周りがシマノ製なのとタイヤとリムがWTB製であることですね。でっかいロゴがいかにもオフロード大好きですみたいな雰囲気を醸し出してめちゃくちゃかっこいいんですよね。
コストパフォーマンスの良い自転車メーカーと言えばやはりジャイアントですが、こいつはそれに肉薄するくらい凄いやつじゃないかと思うんです。おすすめです。
おっこれええなと思われた潜在的お山大好きマンの皆様は是非一度ご来店いただければと思います。試乗していってくださいね!!!
おまけ
本日ご来店された季節外れのお客様。

2018.07.15

夏のスポーツ車ビッグセール&2019 GIANT ESCAPE R3

 

こんにちは!
KON’S CYCLE山科店です!
昨日から実施中の夏のスポーツ車ビッグセールですが
当店でも在庫しております、2019モデルの「ESCAPE R3」と「ESCAPE R3 W」が対象となっております!!!!
定価¥52.000+taxのところ、現金お支払いで10%OFF¥46.800+taxです!!!!!
ESCAPEは通勤通学の日常使いからサイクリングまで幅広く対応した一台です(^o^)
今年のR3は南国リゾートイメージのオーシャングリーン、ビタミンカラーのマンゴー、青の洞窟のようなメタリックカラーなブルー、昨年から続投のブラックトーンとホワイトの5色の鮮やかなカラー展開\(^o^)/
そしてR3 Wはビビットなマットマゼンタをはじめパールホワイト、パールミント、サファイアブラックの4色展開となっています\(^o^)/
※ R3Wは140cm~対応しており軽量で女性も乗りやすいモデルです♪
R3、R3W共に前輪固定具がクイックリリース、スキュアーナットと選択が可能となり以前のモデルに比べ、より高い安全性◎
当店現在全色在庫あります!!!!!!
試乗も出来ますので是非、店頭にて実物をご覧ください♪♪
また、まだわずかに在庫がございます2018モデルのESCAPE R3は、定価¥50.000+taxのところ、
現金お支払いで15%OFF¥42.500+taxとさらにお買い得にヽ(^。^)ノ
是非この機会にご来店くださいませ!!!!

2018.06.11

ピレリ pzero vero TTを使ってみた!

 6月も中旬に入り、梅雨っぽい空が続くようになりましたね。


今回は、去年の夏頃の発売からずっと気になってたタイヤを購入しましたので


インプレを書いていきたいと思います!


それがこちら!

ピレリ pzero vero TT!!


化粧箱がかっこいい!!

どこかに飾っておきたくなるようなデザインですね。

開封してみるとゴムバンドでタイヤが留めてある状態で入ってました。





ちなみにこのゴムバンド。


リストバンドになるんです!

こーゆーの地味に嬉しいですよね。





早速装着してみたのですが、タイヤがめっちゃはめやすいんです!

チューブから空気を抜かなくてもハマりました。






全体はこんな感じ!!




まだ10kmぐらいしか走ってませんが、元々付いていたのがコンチネンタルの

ウルトラスポーツだからか、漕ぎ出しがめっちゃ軽くなりました!


グリップも普段若干荒れた道を走ることが多いのですが、スマートネットシリカ


のおかげか特に不安もなく走ることができました!




まだ10km程しか走ってないので詳しいことはまだわかりませんが、

もう少し走ってから耐久性など詳しいインプレをお届けできたらなと思います。

2017.12.26

『冬のスポーツ車ビッグセール』お買い得情報 ‼

 冬のスポーツ車ビッグセール』開催中!!



山科店在庫のお買い得車のご紹介です!

ジャイアント 2015年モデル PROPEL ADVANCED 2


フレームサイズ M(52cm) 定価 220,000円(税抜)のところ・・・





セール特価(現金お支払いで)35%OFFの 143,000(税抜)!!!


メインコンポは シマノ105(リア11S)

ゴリゴリのエアロ形状のフレームがそそります。


ブレーキ本体も専用設計!



限定1台です!お早めに!!

2017.11.25

そうだった 京都、行こう。

先日のお休みの日、少し時間が空いたので

近くなのに行ったことがなかった

山科の毘沙門堂にMTBを駆って紅葉を見に行ってきました。

「そうだ 京都、行こう」のJRのポスターなどで有名になりましたね。

山科駅の裏手に入っていきます。

駐輪して境内に入りました。

時間の都合で本堂の中までは入っていませんが

キレイな紅葉が観れました。

時間も遅かったのでそれほど混んでいませんでした。

一息ついたところで、ひと山登ろうと決心し

毘沙門堂の奥の方に進んでいきます。

さらに進むと未舗装路になりました。

安祥寺林道に入っていきます。

舗装されてるところも多くて、走りやすい道が続きます。

貧脚の僕にはきつめの勾配ですが、足を付かずに登っていけます。

トゲトゲの木。

子供のころ山遊び中に思わず手をかけて

手のひらにトゲが刺さった記憶があります。

木の名前を調べましたが特定できませんでした。

トゲと言えばイガグリもぽろぽろと落ちていました。

崖の上の・・・ポニョ っとした キノコ。

一本だけヒョコっと生えていたので写真を撮りましたが

上の方を見ると一面にびっしり生えていたのでびっくりしました。

山中の誰もいないところでウ〇チを踏むところでした。

お見苦しくてすみません。

そんなこんなで道中楽しみながら

林道も終点近く、ここからは奥の登山道にMTBを担ぎ上げて

山頂を目指します。あと一息です。

頂上近く、駐輪して徒歩で山頂まで。

京都市内を一望できる、すばらしい景色です。

その後、シングルトラックを一気に下って楽しみました。

これからの季節、蜘蛛の巣も無くなり

MTBが面白くなりますよ!

2017.09.24

「自転車お渡しまでの道」~前編~

 こんにちは!!山科店です(^O^)/




最近、朝めっちゃ寒いですね。。。
寒さで目が覚めてしまうことが多々あります。
風邪引かないようにだけ皆さんもご注意ください!!




さて!
今回は、少し違ったブログを書こうかと思います。
商品紹介だけではつまらないので、、、。

コンズサイクルでは、お客様にご購入いただいた自転車を一台一台丁寧に「整備・点検」をさせていただいてからお客様にお渡ししております。
ただ、、、整備と言っても「何を、、、どうやって、、、どんなふうに、、、どうなる、、、」と、思われる方も多いはず!!!
「ピンとこない」ですよね?




そこで!!!

今回はそんなコンズサイクルの整備の裏側を前編・後編に分けてアップしたいと思います!
リポートして言いたいと思います!!


では、行きましょう\(^o^)/
はい、、、こちらコンズオリジナルの人気車種「Kon’s Labo カルチェ」です♪♪


今回はコチラの自転車を整備していきたいと思いまーす!!





では始めていきしょう♪♪

まずは「空気圧」のチェックです!
空気が入っていないと、こぎ味が重くなり快適に走行できません。
さらに、パンクの原因にもなります。大切です!
そして「車輪のセンター」出し。。。



自転車は基本的に左右対称というのがあります。
なので、車輪もフレームに対してセンターの位置に真っ直ぐ合わします。
これで走行時の無駄な抵抗を失くしてくれます。
次は前の「ブレーキ調整」です!

乗り物になくてはならないのがブレーキです!
ブレーキが無ければ、おそらく事故多発で町中大混乱です!
ですが、、、ついているからと言って安心・安全とは限りません!!
効き具合・レバーの握り心地・音鳴り等に異常など、しっかりとした調整や点検が必要なのです!



前ブレーキは片効きに注意しながら、ブレーキシュー(ゴムの部分)の位置を合わせて調整します。
続いて「ライト」です。



ライトは夜間走行に必ず必要なもの!
ないと警察に注意されます。。。
そして、ちゃんと点灯していないと、これまた無灯火扱いになってしまいますし、なにより危険です!
なので、問題なくライトが点灯しているか、適性の位置を照らせているかをチェックします。





お次は「泥よけ」



濡れた路面や泥道などで活躍してくれるのがこの泥よけ。
これはタイヤに対して真っ直ぐ取り付けされていないと、はねた泥を受け止めることができず服を汚してしまいます。なので取り付け位置の確認、修正をします。
目立たない部分のパーツですが大切なんです。





さて、ここから折り返しです。

が、、、



次回、後編をお楽しみに~\(^o^)/





つづく、、、





※問い合わせ※
SHOP:kon’s cycle 山科店
TEL:075-583-5114

2017.09.12

軽量クロスバイク!!(おまけ付き)

 こんにちは!!

山科店です(^O^)/


夏も終わり、やっと秋の風を感じられて涼しくなってきましたね♪♪
この時期になるといろいろ楽しみが増えてくるんですよねー。。。




なんかめっちゃお腹空きますし。。

ファッションも楽しめますし。。

とりあえずお腹空きますし。。

運動するのにもちょうどいいですし。。。

出かけたくなりますし。。。

んで、、onaka sukimasusi...



行楽シーズンで京都も賑わうことでしょうし
京都にお越しの際はぜひ「kon's cycle」に寄ってみてください(^^)/
全然冷やかしでも構いませんよー!!!




さてさて、、、
今回は山科店を代表するブランド「GIANT」の2018年モデルのアレをご紹介します!!!
てってれーーーーー!!!

「CROSTAR 2018(クロスター 2018)」¥54,000- + tax



はい、、、GIANTの軽量クロスバイクと言えば、、そう!!

このCROSTARです♪♪



まずはその重さ、、、なんと、、、「9.9kg」!!!!!

このお値段でこの軽さ!!!

さすがコストパフォーマンスのGIANTさんです。。。




そしてこのカラーリング!!




ベタ塗のカラーリングが多いクロスバイク、、、
その中でもこの色使い!!!

周りの人と差をつけるならまずは、やっぱ見た目が大事ですよね♪♪

攻めていきましょう\(^o^)/



現在、どちらのカラーも展示しておりますので是非ご来店下さい!
セールも開催していますので今がチャンスですよー!!!










〇おまけ〇
お昼休憩が暇だったので、自転車の余ったパーツでハンドスピナー作ってみた。。



まだまだ改良が必要のようです。。。






※問い合わせ※
SHOP:kon's cycle 山科店
TEL:075-583-5114

2017.08.18

a.n.design works

 

こんにちは!
コンズサイクル山科店です(^O^)/



暑い、、、、暑すぎる、、、、。

暦の上ではもう秋なんですよね、、実は、、、。



それなのに

じりじりと照り付ける日差し、、、
ブワっと吹き付ける熱風、、、

夏は苦手です。

でも、ついこの間
山科店の近くでヒグラシが鳴いていました!!
夕方にヒグラシの鳴き声を聞くと、少し涼しげな気分になります。

ささやかな夏の演習に癒されました♪♪



まだまだ暑いですが、熱中症に気を付けてこの夏も乗り切りましょう\(^o^)/





さてさて!

子供頃の夏と言えばやっぱ夏休みですよね!

この時期は元気にチルドレンが自転車で街を走り回っています。



そんなチルドレンに朗報!

みんなの目をくぎ付けにできる!?そんな自転車をご紹介!!




今回ご紹介するのは、、、


オシャレな子供は知っている、、、

オシャレな子供は乗っている、、、

そしてオシャレへの近道へ、、、
てってれーーーーー!



「a.n.design works (エーエヌデザインワークス)」でーーーす♪♪



エーエヌデザインワークスさんのサイトの取扱い店舗にもご紹介していただいており
最近お問い合わせが増えてきています!!!

そこで!!

幅広く商品の現物を見て頂きたくジュニア車を中心にライナップを増やしました\(^o^)/



今日はそちらをご紹介♪♪



まずは1台目、、、
「V246」(6カラー)¥27,980- + tax
これぞエーエヌデザイン!!
定番の変速付きモデルで籐風のカゴがオシャレな1台!
迷ったらこれですね♪♪




続いて2台目、、、
「FT226」(5カラー)¥28,980- + tax
オシャレで可愛いカラーリングの変速付きモデル♪♪
ダブルフレームだけどまたぎやすい!
デザインキャリアも可愛さポイント♪♪




そして3台目
「VP20」(6カラー)¥25,980- + tax
またぎやすいV型フレームで、デザインキャリアがオシャレ♪♪
小さいお子様でも扱いやすいシングルスピードモデル!



と、いうわけで

現在山科店にて展示もございます!
是非、ご来店お待ちしておりまーーーーーす\(^o^)/






※中古車情報※
現在、山科店では様々なジャンルの中古車の販売も行っております。
値段は¥6,980-(税抜)~となっております。
現品限りの為無くなり次第終了ですが、随時入荷もしておりますので
是非、店頭へお立ち寄りくださいませ。


※問い合わせ※
SHOP:kon’s cycle 山科店
TEL:075-583-5114

2017.07.22

スーツケースに入る自転車!?!?

 こんにちはー!

コンズサイクル山科店です!

いやー暑い!!
夏本番ですね~!!



学生の皆さんは夏休みかー、、、
いいなー、、、約1ヶ月も休みがあるなんて。

1ヶ月休みがあるなら何をするだろう、、、ってか何してたんだろう、、、。
遊びほうけていたんでしょうねきっと、、、。




まぁそんなことはさておき

今回は夏の旅行などに最適な自転車をご紹介しますよーーー\(^o^)/





それがこちら、、、
てってれーーーーー

「CARACLE(キャラクル)」オリタタミ自転車


はいこちら、、、
そんじょそこらのオリタタミ自転車とはわけが違います!!
まずそのコンパクトさと軽さ!!


折り畳んだ時は20インチのオリタタミ自転車のみならず、14インチのオリタタミ自転車よりもコンパクトになります!!
まさに「世界最小最短!!!」※実用自転車中

そして、重量も標準モデルが「10.8kg」でスポーツモデルはなんと「10.0kg」!!

軽いっ!!!

持ち運ぶ際も輪行バッグに入れて担ぎ上げて運ばなくてもいいんです!
だってこの子、、、スーツケースに入りまーすーかーらーーー\(^o^)/



あれですよ、、、「エスパー〇藤」みたいな感じですかね。。

ころころ転がしながら運んじゃってください♪



そしてそして、、やはり気になるのはその走行性能。
ミニベロ(小径車)はタイヤが小さいのでしんどいんじゃないか?と思われがちです。

ですが、、めちゃめちゃ走ります。
オリタタミ特有のふにゃふにゃとした感じがなくダイレクト感がすごい!!
さらに、リアのサスペンションにはエアサスが採用されていますので、空気圧でお好みの固さに調節できます。


最高ですね♪♪



極めつけは「安心の国内組立」「JIS耐久試験合格の高強度フレーム」なのです\(^o^)/

安全性にも気を使ってくれているのが粋ですね♪
「標準モデル」3カラー ¥129,600- + tax
「スポーツモデル (数量限定)」1カラー ¥138,800- + tax




今なら、コンズサイクル山科店にてこちらの試乗車をご用意しております!!

展示期間は本日7/22~7/31までとなっておりますのでお急ぎください!!



是非、ご体感あ~れ~♪♪




※問い合わせ※
SHOP : kon's cycle山科店
TEL : 075-583-5114

2017.07.16

「ストライダー始めました♪♪」

 

こんにちはーーー!!
コンズサイクル山科店です!!

いやー、、、ご無沙汰しておりました。。。
申し訳ございませんm(_ _)m
これからは定期的に情報を発信できればいいなと思っておりますので、お付き合い
よろしくお願いします。




さーてさて。。。

梅雨明けしたところもあるらしく、これから夏本番ですね!!
いやー、、、暑い!!京都はホントに暑い!!
最近冷えピタをおでこに貼って寝ています。

あまり効果はありませんが気休めです。。笑





そんな暑い夏はやっぱ冷たーい冷やし中華とか食べたくなりますよねー。。


そこで!!


この度、、、、








コンズサイクル山科店は、、、、、



冷やし中、、、華、、
「ストライダーはじめました~!!」


てってれーーーーー




そうなんです!
キックバイクのルーツで今年で10周年を迎える「ストライダー」です\(^o^)/




クラシックモデル、スポーツモデル共に現在のところ全色揃っておりまーす♪


「STRIDER Classic Model」(4カラー)10,900- + tax
「STRIDER Sport Model」(7カラー)13,500- + tax




そこのちびっ子たち―☆
店頭に試乗車もあるので「見て」「触って」「跨って(またがって)」みてくださーい\(^o^)/





※問い合わせ※
SHOP:Kon's cycle山科店
TEL:075-583-5114

2017.02.05

稀代のオールラウンダー!!GIANT DEFY ADVANCED3入荷

 こんにちは、山科店です。

ここのところグラベルばっかりですが、たまにはロードの記事もアップ。

GIANT DEFY ADVANCED3 ¥195,000-(+tax)

2017年からTCR・DEFYシリーズがSLR・ADVANCEDグレードからになり、
変わってCONTENDがエントリーロードの主役になっていますが、
もちろんDEFYも現役カーボンモデルとしてイケイケです。

アップライトなポジションはライダーに易しい設計で、
普段乗りから長距離までオールラウンドに活躍してくれるでしょう。

このステムについているメカメカしたものは何?
CONDUCT DISC BRAKEと申しましてGIANTの独自システム。
機械式レバーのワイヤーを油圧のディスクブレーキを操作できるスグレモノ。

なのでもちろんディスクブレーキは油圧!!
『効きすぎないの?』などご質問をいただきますが、大丈夫。でも大丈夫。

140mmの小径ローターは制動力よりコントロール性に優れているので
安心してブレーキングしていただけます。(急制動には注意!!)
フラットマウントに前後12mmスルーアクスルと贅沢な足回りとなっております。

ADVANCED3に組み合わされるコンポーネントはTiagra10スピード。
オンロードの幅広いフィールドで活躍してくれます。

他にもD型断面のD-fuseピラーや平らなシートステイで
振動吸収性もバッチリです。

GPMモデルですのでなかなかお目にかかれません!!
ぜひコンズサイクル山科店まで足をお運びください。

コンズサイクル山科店
〒607-8162
京都市山科区椥辻草海道町38-42
TEL:075-583-5114
京都市営東西線 椥辻駅2番出口すぐ

2016.11.26

ピュアCXレーサー GIANT TCX SLR2入荷しました

 今日はあいにくの雨天ですね。

雨といえば思い出すのがおよそ2週間前の出来事。

雨の中、三条通を自転車で走っていました。
三条通って嵐電の路面電車走ってるエリアがあるじゃないですか。
その線路を跨ぐ際に盛大に転倒しました。それはそれは、見事に。
後輪が滑るならまだしも滑ったの前輪ですからね。
防ぎようがない。
で、右側に転倒したんですが、肘であばらを強打しました。
マイエルボゥでマイリヴをガツンとね☆

あれから2週間。まだ痛い。
幸い骨折やヒビはなかったので一安心ですが、
雨天の滑りやすいところには注意しましょう。
そんなだったらグラベルでコケて泥だらけになってるほうがいいと思うのでした。

泥だらけといえばシクロクロス。
いよいよシーズンインしましたね。
僕も興味はあるんですが、なかなか予定を合わせられないし
休日のグラベルライドでガマンです。
自分にはハードコアホビーライダーと言い聞かせています。
でも日曜はシクロ、平日は通勤に、なんてマルチなライダーさんにオススメしたいバイクが入荷しました。

GIANT TCX SLR2 

高剛性ながら軽量で振動吸収性も高い最新のSLRテクノロジーを
盛り込んだシクロクロスアルミフレーム、うむ、イイ。
オン・オフ問わずアクティブに走れるバイクが僕は好きです。

このバイク、僕がイチオシしたいのはなんといってもディスク…ではなく、
12mmスルーアクスルを採用したところ。

一般的には9mmQRが使用される中、ハイエンドなマウンテンバイクなどによく用いられるスルーアクスルは12mm~20mmの太さを持ち、
剛性の高さには太鼓判を押したいところです。

僕のグラベルロードやMTBもスルーアクスルを採用しているのですが、
9mmQRから乗り換えてすぐに感じる剛性の高さ!!
車体のヨレが少なく、キビキビした挙動になります。
コレ、オンロードでも体感できます。

ワイヤー類はフレームの中に内蔵され、レースでの担ぎやすさだけでなく、スタイリッシュさにも貢献。

ジャイアントではお馴染みになりつつあるD-FUSEシートピラー。
D型断面のピラーは縦方向のしなりで振動を大幅に緩和します。
こちらはカーボンを使用しています。

これぞ即戦力の証!!
UCIに認定されたCXフレームは国内での草レースはもちろん
本線でも使用できる本格仕様!!
タイヤは35cなのでカテゴリーによっては要交換ですね。

つらつらとTCXの魅力を綴っていったわけですが、
こんなデュアルパーパスなバイクになると、毎日の通勤もアウトドアな休日も楽しくなること間違いないでしょうという見解でございます。

TCX SLR2
価格:¥155,000 (税別)
コンポーネント:シマノ105
サイズ:475(XS),500(S),525(M)
カラー:ブラック/シルバー(1カラー)


山科店でSサイズ(適正身長目安:165-180cm)展示中!!

コンズサイクル山科店
〒607-8162
京都市山科区椥辻草海道町38-42
TEL:075-583-5114
京都市営東西線 椥辻駅2番出口すぐ

2016.11.10

グラベルレポ-激寒編-

 休業日明けの定番みたいになっている山科店のライドレポート。

昨日は貴船方面へと足を運びました。

…そうです。昨日は午後まで冷たい雨が降り続きました。

午前9時、丸太町の鴨川に集合した我々。
パン組と会いました。(僕は見てませんが)
小雨の降る中、『今日は天気予報晴れやからいけるやろ』と
鴨川を北上し、静市のローソンで少し休憩。
暖かいコーヒーを飲みながら、雨止まんなーと言いつつも
ここまで来たのだからと奮起して出発。

これがすべての元凶の始まり。

貴船の川床を眺めつつ、芹生峠をヒルクライムしていきます。
芹生峠は京都市右京区と左京区を跨ぐ峠で
標高は680m、高低差は約350m、全長は3.2kmほどになります。

が!!ガンガンの堆積物と平均斜度約11%、最高斜度20%強の
ゴリゴリハードな峠なのです。
そんな心が折れる音が聞こえてきそうな峠を、冷たい雨の中
えっちらおっちらと登るわけです。

おかしい。絶対におかしい。
雨じゃなくてもただでさえ避けて通りたい峠なのに、おかしい。

でもクライムしてるとやっぱりカラダも暖まるしなんとか頂上へ辿り着いたわけですが…

寒い!!
めちゃくちゃ寒い!!

せっかく峠の頂上へ来たわけですからやはり記念になにか写真に収めたい。

あたりを見回します。

お、おう。

これしかない。
このまま吹きさらしみたいな場所にいてもカラダが冷えるだけなので
峠を下ります。下りは短い。

ここから旧花背峠を目指していくんですが、止まない雨に冷えたグローブやつま先、悪い視界が我々の行く手を阻み体力だけをいたずらに奪っていきます。
ちょっとヤバそうでしょ?
ヤバいんです。

雨宿りしながら少し考える。
①京北から162号線に合流して帰還→遠い。(4~50kmくらい?)却下。
②来た道を戻る→堆積物だらけの急斜面を雨天の中下るのは危険。却下。
③旧花背峠に行き最短ルートで現花背峠を下る。→これやな。

と③を選択したのですが、もうまともな思考回路は働いていません。
とりあえずグラベルには入りましたが少し押すことに。

でもやっぱりちょっと乗りたくなるもので、かじかむ手でハンドル握りしめてグラベルを走りました。
途中で立ちゴケしました。

そんなこんなで旧花背峠へ到着。

途中晴れ間も少し見え隠れしたのですが、結局雨は止まず…

短パン…。そら寒いわ。(僕も短パンでした)

ここから鞍馬方面へ最短ルートを探して下りるんですが、またもや選択ミス。
鞍馬山へ進むと下山が困難になると思い、最初の分岐で下山方面を選択したのですが…

んー、ここはどこなんだ。

しまいにはアラレまで降ってくる始末。
ぬかるみ・倒木などでMTBでも走れない道を押して担いで下ります。

もはやちょっとキツめのハイキングコース。
この斜度は写真では伝わりません。
ロープをつたい、片手には自転車。何やってんでしょ。

こんな荒れた道を1時間弱下るとようやく舗装路が見えました。

なんとか花背峠に合流できたみたいです。
ただただ無言で花背峠を下り、鞍馬温泉を横目に静市へ帰ってきました。
もうブレーキなんて握ってるのか握ってないのか分からないくらい無感覚。
カラダもちょっと硬直に近いくらい固まってました。

帰って暖かいお風呂に浸かり、無事に帰還できた喜びをかみしめました。

これからの季節、とくに雨天時などの山はとても危険です。
くれぐれもご注意を。



コンズサイクル山科店
〒607-8162
京都市山科区椥辻草海道町38-42
TEL:075-583-5114
京都市営東西線 椥辻駅2番出口すぐ

2016.11.06

通勤もレースもオールOK cannondale CAAD X入荷

 生まれ変わった2017年キャノンデール CAAD Xが入荷しました。

CAAD X TIAGRA 

CAAD12にインスパイアされたディテールを持ちながら、
上位モデルのSUPER Xと同じジオメトリーを採用。
優れたトラクション性能とクイックなハンドリングがウリです。

フロントにはポストマウント、リアにはフラットマウントを採用したディスクブレーキ。雨天時の制動力も安定しま

BB30+FSAの4アームクランク。
46x36のチェーンリングはワイドなギアレシオで登坂やオフロードでも活躍してくれます。

浅めに配置されたノブは舗装路での転がりの良さと、オフロードでのグリップ力両方に貢献。
少し空気圧を落としてオフロードに行くと楽しいコーナリングを体験できるでしょう。

スペックだけ聞くと『レース用じゃないの?』と疑問を抱かれる方も
おられるでしょうが、全然違います。
もちろんレースシーンでの戦闘力は高いのですが、普段の通勤や休日のライドにも落とし込める可能性を秘めています。
これ1台で2役も3役もこなしてくれることでしょう。

価格 : ¥140,000(+tax)
コンポーネント:シマノ・ティアグラ

サイズ:46, 51, 54, 56, 58

カラー:Acid Green w/ Anthracite and Fine Silver, Gloss - AGR

ご来店お待ちしております。

コンズサイクル山科店
〒607-8162
京都市山科区椥辻草海道町38-42
TEL:075-583-5114
京都市営東西線 椥辻駅2番出口すぐ

2016.10.29

新入荷!!GIANT ANYROAD1

 先日からグラベル系のブログばっかりアップしている山科店ですが、

ようやく商品のご紹介ができそうです。グラベル系の。

『誰でも。どんな道でも。』
という開発コンセプトの次世代ドロップバー・スポーツバイク、
ANYROAD 1が入荷しました。

GIANT ANYROAD 1 ¥130,000 (+tax)

コンパクトでアップライトなジオメトリーがフィールドを選ばず活躍してくれそうです。

D型断面のD-Fuseシートピラーが快適性アップ。
おっと、ハンドルは少しハの字に開いています。
ショートリーチ・ショートドロップのハンドルも快適性に貢献しています。
サブブレーキレバーはどの位置からでもブレーキ操作が可能。
街中でブラケット付近を持つ時にも重宝します。

タイヤセンターは浅いスリックで転がり抵抗を少なく、
サイドに配したノブでオフロードでもグリップするように設計されたタイヤです。

ブレーキにはメカニカルディスクブレーキを採用。
デュアルピストンで油圧ディスクブレーキのようなタッチの良さと
ディスクローターのヨレ防止を実現。お、新規格のフラットマウントですね。
ローター径は前後160mmです。

コンポーネントはTiagraの2x10の20speed。
カセットの最大ローギアは34tなので登坂でも活躍してくれそうです。

Clarisを使用したANYROAD 3(¥95,000 +tax)や
より快適性を高めたカーボンフレームのANYROAD COMAX(¥210,000 +tax)もラインナップされています。

ANYROAD 1はミドルグレードになりますが初めてのスポーツバイクから
初めてのグ・ラ・ベ・ルまで十分に性能を発揮してくれることでしょう。


先日からこんな話ばっかりですが、オン・オフ共に走れるメリットは
計り知れないです。
グラベルまでの自走でいろんなものに出会います。
滝で戯れていると足元にヒルがひっついていたり、
(ヒルって振り払ったくらいで取れないんですね、マジでビビった)


なんかよく分からない植物が群生していたり、

湧水のはずなのに水が数滴しか垂れてなかったり…
その度に僕たちは『これだからアドヴェンチャーは』と
嘆いて感動しています。

次はアナタの脚で確かめてみませんか?
ご来店お待ちしております。

おまけ

コンズサイクル山科店
〒607-8162
京都市山科区椥辻草海道町38-42
TEL:075-583-5114
京都市営東西線 椥辻駅2番出口すぐ

2016.10.27

グラベルxエンデューロ=グランデューロ!!

 こんにちは、山科店です。

またまたグラベルな記事をお届けいたします。
商品紹介をお待ちの方、ゴメンナサイ。

まずはこちらの動画をご覧ください。




コンズサイクルのYOUTUBEページよりアップいたしました。
今後の動画、アクティビティにも乞うご期待。

今回はR162を京北まで北上し、東の花背方面へ向かうグラベルを
楽しもうというライド。
名付けてグラインデューロライド。

そもそもグラインデューロってなんぞや?
Grinduro(グラインデューロ)…Design and Innovation Awards協会に
「年間最優秀イベント」として選出されたMTBエンデューロと
グラベルグラインダーを組み合わせた新しいイベント。

…よく分かりませんのでグラベル+エンデューロってことで。
そもそもバイクの定義も曖昧なので楽しめればグラインデューロってことで。


am9:00 コンズサイクル常盤店に集合し、R162をウッディ京北を目指し北上。
最近は杉の里トンネルや栗尾バイパスが開通しているのでアクセスが楽になりました。
小一時間ほどで到着。

ここの焼き鯖寿司がおいしい。

補給と称して…

ソフトクリームも食べます。
なんやかんやで1時間ほど休憩してしまった我々はさらに京北を北上。
林道のアプローチ口である上弓削に向かいます。

途中でトト○に遭遇。

すごいメンツです。

ちょっと怖い。

アプローチ口に到着。
ようやくグラインデューロらしくなってきました。

やはり登りです。

ようやく舗装路とグラベルの境目が見えました。
でも登りでした…。逆ルートなら極上のグラベルなんだけどなぁ…。

でもやっぱりグラベルはたのC!!

グラベルを抜けると三叉路になり、我々は佐々里方面へ下ります。
濡れた路面と堆積物のオンパレード。
コケで前輪がスリップしました。

途中でコースロストして行き止まりの川に突き当たったんですが、
滝とか見れてそれはそれで楽しかったです。

アカハライモリ。
お腹が赤いんですよね。
めっちゃ大人しい。

さて、本コースに戻り八丁川沿いの気持ちよい下りを堪能します。
美山町佐々里から佐々里峠に入ります。
が!!キツすぎて写真がないというオチ。
山頂で1枚。
KOMいただきました。

広河原へと下ってまたまた登り!!
余裕はありません。

お次は花背です。北側からのアタックなので裏花背ですね。
ホントしんどかった。
小雨と濃霧の中、山頂に到着。

まだ17時なのに真っ暗です。



ここから花背峠を下り、鞍馬を抜けて市街地へと帰りました。



走行距離は100km強ですが、獲得標高がエグいことに…。
でも道中に楽しそうなグラベルの入口がたくさんあったので
また散策しに行きたいと思います。

今回のライドで感じたことは…

・制動力の高いブレーキが必要
ディスクブレーキがもちろん推奨ですが、下りでブレーキを引きっぱなしにするため、油圧のディスクブレーキが望ましい。

・ワイド&ローなギアレシオ
グラベルロードって完成車でもロー32Tとか使ってるんですけど、
ディレイラー交換などで36T対応にすることや、
フロントのシングル化で40T以下のチェーンリングを使用するとさらにローギアード化が可能。脚には余裕を…。
ちなみにもう一人のS氏はMTBコンポをMIXしてローギアード化するって
何回も言ってました。

といったようにいざ山に入ってみて気づくこともたくさんあります。
気になることやカスタマイズに関してはガンガン質問してください。
僕が分かる範囲でグラベルライドについてお答えします。
(僕も探り探りなもので…)
なが~いブログになりましたが、お付き合いありがとうございました。

コンズサイクル山科店
〒607-8162
京都市山科区椥辻草海道町38-42
TEL:075-583-5114
京都市営東西線 椥辻駅2番出口すぐ