遅れてやってきたアイツ!!Muddy Fox!!

蛸薬師店です。
予定より大幅に遅れてしまいましたが、2018年モデル滑り込みセーフの
モデルのご紹介です。
いやー待った待った。
それではどうぞ~!!




ARAYA/Muddy Fox CX Gravel



ARAYA/Muddy Fox CX









マウンテンバイクとロードバイクのハイブリッド車、すこーしニッチなジャンルだけど認知されつつあるグラベル/シクロクロスからARAYAのMuddy Foxをご紹介。

しかも今日はドロップハンドルのCXGとフラットバーのCX、兄弟で登場です!!

走りのフィールドをさらに広げたグラベル系のジャンルは通勤・通学のエブリデイバイクとしての使用はもちろん、積載やパッキングをしてのツーリングやダート走行も可能です。
Muddy Fox…泥のキツネ。
昔からあるモデル名ですが、いいネーミングです。
なんか泥のキツネって聞くと新車のイメージが悪くなりそうな気もするけど、逆にシェイクダウンから水たまりに向かってスプラッシュしてくれるようなそんなオーナーの手にわたってもらえると嬉しいですね。











ドロップハンドルは大きく開いたハの字のハンドルがダート走行での安定感の高さを漂わせ、フラットバーはオールラウンドな雰囲気。
コンポーネントはどちらもSHIMANO/Clarisで統一され2x8の16Speedです。
ブレーキはCXGは…おっと、TRPのSPYREじゃないですか!(CXはシマノ)
メカニカルながら対向ピストンとなりカチッとしたフィーリングが体感できます。
ストッピングパワーは少しまったりした感じで、AVIDのBB7と比較すると少しコントローラブルかな?って感じです。
マウント方式は前後ともにフラットマウントを採用。
これはUCI規定に認可されたディスクロードに向けてつくられた規格なんですけど、スタイリッシュな見た目がGOODです◎

少し変わった形状のリアエンドは付属のエンドに交換することで、スルーアクスルのホイールに換装することができます。
これはグラベルロードとしてのアップブレードの可能性を大きく左右するもので、走りのフィーリング、剛性を大幅にアップすることができます。

フロントフォークにはラックを取り付けるためのアイレットを設けていますが、これもスルーアクスルのカーボンフォークに換装して、よりピュアなグラベルロード化が可能です。
そのために44mmヘッドチューブを採用し、テーパードフォークにも対応させたまさに至れり尽くせりなバイクなんです。

今回方向性としてグラベル系へのアップグレードをおすすめしましたが、街乗りも河川敷も楽々なマルチパーパスなバイクです!!
オンもオフも通勤もツーロングもこなしたい方へ激しくオススメです!!

・ARAYA/Muddy Fox CX Gravel ¥98,000+TAX

・ARAYA/Muddy Fox CX ¥83,000+TAX

------------------------------------------------
KON’S CYCLE蛸薬師店
〒604-8063
京都市中京区蛸薬師通富小路東入油屋町141
075-231-3011

<  2018年7月  >
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031



過去の記事